リハビリ専門学校の増加|整体師になるには効率的に学ぶのが大事|工夫して勉強する

整体師になるには効率的に学ぶのが大事|工夫して勉強する

リハビリ専門学校の増加

男性

近年、医師や看護師を始めとする医療関連の大学が増えていますが、医療職の中でも特に作業療法士や理学療法士と言ったリハビリ関連の資格が人気を集めています。医療職が注目されるようになった理由としては、高齢化によって今後需要が高まっていき職業として安定するという期待感が挙げられます。また、リハビリ士は病院での手術の後に日常生活への復帰に大きく関わり、作業療法士の場合は近年患者が増え続けている精神分野のリハビリにも対応可能なことから必要性が高まっています。高齢化を背景とするこのような需要の高まりが、給与をはじめとする待遇面の向上に繋がるという期待感を高め、現在ではリハビリを主とする医療系大学や学部が人気となっています。

医療系大学でリハビリ士の資格取得を目指す際には、最近では4年制大学で所定の単位を取得して実習をこなし、国家試験に合格することが主なルートとなっています。4年制大学で学ぶことが増えたのは、1年次で幅広い教養を身につけたうえで医療について学ぶことが望ましいという社会のニーズに応えたものです。実際に哲学や倫理学など文系の科目が医学・心理学の基礎となっていることも多く、4年制大学での他分野の学びは今後の医療職を充実させるものと言えます。3年次までは座学や学内での簡単な実習を行いますが、4年次では実際の医療機関で本格的な実習を行うことがほとんどです。最終年次では国家試験対策にも取り組む必要がありますが、最近の傾向としてしっかり対策をすれば試験は突破しやすいです。上記のように、医療大学での学びは4年生の学校で他分野についても学び、実習と国家試験を経て資格取得を目指すものと言えます。

Copyright © 2017 整体師になるには効率的に学ぶのが大事|工夫して勉強する All Rights Reserved.