どこに対しても使える|整体師になるには効率的に学ぶのが大事|工夫して勉強する

整体師になるには効率的に学ぶのが大事|工夫して勉強する

どこに対しても使える

鍼灸

気持ちがいい程度です

日本には腰痛に悩む人がたくさんいます。医療機関で診てもらうと「安静にしてください」と言われ、湿布を処方されます。確かに、軽度の症状ならこれでも十分です。しかし、限界をこえて筋肉が凝っているなら、鍼灸師にほぐしてもらうのもありです。鍼と灸は東洋医学に属します。気になる部位に対して直接施術でき、ターゲットの筋肉を確実に刺激できます。ちなみに、鍼や灸といっても痛みはほとんどありません。むしろ、気持ちがいい程度のものです。また、顔や頭など、どこに対しても使えるのが鍼と灸の強みです。病院の医師は西洋の医学こそが最適と考えています。もちろん、外科的な手術が必要な場合もあり、そういったケースでは心強い存在です。ただ、東洋医学も決して悪いアプローチではありません。

バランスよく学べます

鍼灸師は国家資格です。将来的に鍼灸師を名乗りたければ、国家試験を突破するのが最初の目標です。ただ、『鍼灸師』という資格は存在しません。灸と鍼の両方の資格を持っている人が鍼灸師です。故に、ふたつの試験に合格をして、初めて鍼灸師としてデビューできます。試験の数が多いですから、当然勉強量も増えます。学びのかたちはいろいろですが、最もポピュラーなのは専門学校です。原則として3年間で卒業でき、これはすべてのルートのなかで最短です。また、専門学校自体についても丁寧に厳選をしましょう。まず鍼灸師に必要なのが技術です。ただ、患者さんの体に直接触れる分、医学的な知識も求められます。さらに、それらと並行して試験の対策も重要です。バランスよく学べる専門学校を見つける作業も鍼灸師への第一歩と言えます。

Copyright © 2017 整体師になるには効率的に学ぶのが大事|工夫して勉強する All Rights Reserved.